読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検算を再検討④「検算の役割が見えた。」no.228

6-28,7:09,1mis 検算を再検討していて、 また新たな進化があった。 そして、 「検算の役割」ってのが 「検算の存在意義」ってのが ちょっと説明できるような気がする。 昨日の記事を参照に。 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp 言葉で表すのは難しいのだけれども…

検算の再検討での納得感を得た。no.227

6-27,6:31,0mis 前々回のブログで確信はついたような気がする。きっと。 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp なんか 自分の中でのモヤモヤ感。 つまり なぜ「検算を解く」ことを課しているのか、 という答えに納得感を持てた、という状況だ。 明日、明後日は6-28…

検算を再検討②no.225

6-27,7:26,0mis 検算をやっていると あぁ、だから、こうやって解くんだ、みたいのが見えてくる。 例えば 3/4 ÷ x = 1/2 はみたいな問題に出会うと x= 3/4 ÷ 1/2 って考える。 そして、解く。 なぜなら、そう教わったから。 でも、検算をしてると なんで そう…

検算を再検討。①no.224

6-26,4:26,0mis 検算の問題を改めて進めています。 下記参照。 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp なぜ、検算をここまで必要にやるのだろうか。 今日は1問、間違えそうだった。 検算のおかげで間違えに気付いた。 検算の効果としては こういった確かめ算として …

「知りたい気持ち」を断念した、ことを振り返ってみた。no.223

6-26,6:38,0mis 今日から少し戻って6年生のプリントを進めます。 理由は以下の通り。簡単に言うと「問い」から逃げていたので、向き合います。 ↓↓ rakuda-nagoya.hatenadiary.jp 今日から再度 「なぜ検算を大事にしているのだろうか」 という問いが始めてい…

目の前の1問に100%をかける。no.222

1-6,9:37,1mis 今日のプリントは3枚目になる。 2枚目とはやさが同じだった。 同じということは珍しくて いつもなら前回やったときよりはやくなるのが常だ。 だけど、今回は同じはやさだった。 それについて振り返ってみる。 解いていく中で ずっと引っかか…

ラッキーだと思った時にこそ油断しない。no.221

1-6,9:36,3mis 3問間違えた。 1問は繰り上がりのミス。 2問は符号の書き忘れ。 符号の書き忘れは 途中式の段階から書き忘れている。 そして1問は意識があるけど 1問は意識がない。 意識がある問題は (- )+(- ) このような問題で こういう時は -( + ) こ…

不安を抱えながら進める時を振り返ってみた。no.220

1-6,10:27,3mis 計算を解いていく中で 途中くらいで 奇跡的に符合のミスの気づく、ということがたまにある。 そしたら、ラッキー、ここで気づけた!と思う反面 今まで解いてきたのって大丈夫だろうか?って不安にも思う。 その不安に目をつむり、 先に進める…

かっこを外した途中式について考えてみた。no.219

1-5,4:19,1mis 昨日からかっこを外した途中式のことについて書いていますが、 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp 結局 途中式をつけたからといって 何かが見えてきたり 問いが生まれることはなかった。 ただ、 解くことを目的にした 途中式は当たり前のように有…

かっこをつけた途中式のやろうめっ!no.218

1-5,4:17,6mis, 1-5は正負のかっこ付きの問題である。 例えば (+4)-(-3)= のような中学入った一番最初にやる正負の数、という分野のプリントです。 ここにきて6問のミスが出た。 1枚目は時間はほぼ変わらず2問ミスだった。 2枚目にして6問のミスが出た…

問い続ける。no.217

1-5,4:22,2mis 井上さんからのコメントをもらったときに それってどういうことなんだろうって考えながら ↓のコメント欄に書いてある。 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp あの時、僕も興味がなくなったことに対して何かしらが尾を引いていた。 今なら、その時の…

記憶の使い方が少し見えた。no.216

1-4,5:16,0mis 記憶の使い方。今日はいい感じに記憶が使えた。 それは1問1問 いま 解くことを先行させて (記憶を先行させるのではなく) その答え合わせのような感覚で記憶が出てきた。 それは無意識に勝手に出てきた。 1問1問 いま 解くことを先行させ…

記憶の使い方、という話。no.215

1-4,測りミス,4mis 今日はダメダメだった。 まず、測りミスをしていた。ボタンを押していた、と思ったら 押していなかった。 そこに気持ちがいってない。 ボタンを押す時にはすでにプリントの方に意識がいっているんだろう。 だから、押したけど 押せてない…

記憶の本質を手繰りたい。no.214

1-2,3:51,0mis 朝一ってのもあって、記憶ってのはあまり考えずにやったな。 それって朝一だとちょっと頭がぼーっとしてると言えばそうなんだけど、 完全に頭キレていないときやると 空っぽの状態でやるから、それがいいのかもしれない。 そんなことを思いな…

記憶が邪魔をする?本当に?no.213

1-3,4:10,4mis やっぱり、記憶が自分の中にある。 そして、それを意識すればするほど邪魔になる。 今回もプリントを解いていて、 あれ?こんな問題あったけ?と自分の中で自問が生まれる。 それをやめようとすると 逆にドツボにはまった感じになり さらに意…

悩みながらも進んでおります。no.212

1-2,4:31,2mis 「かっこをはずして解きなさい」 (-4)+(+2)= このような問題を解く中で かっこを外す、ということは 途中式をかっこを外したものを書きなさい、ということなのかな? という疑問が生まれた。 ただ、僕はすでに習っている問題であるから かっこ…

記憶に捉われる。no.211

1-1,2:08,1mis プリントを解いている途中に あれ?こんな問題やったっけ?という自分に出くわす。 この状態ってどんな状態かっていうのを振り返ってみる。 その疑問が出るということは 当たり前だが、 このプリントは2回目である。 そして、だからこそ、 頭…

サッカーの話。no.210

1-1,2:17,0mis 中1に入りました。 全く持って関係ないけど、 答え合わせをしていて 考えてたことを書こう。 いま、静岡に来てサッカーをしようと思ってるだけど、 地元のサッカーチームに入るか、みおの友達の隣町のサッカーチームに入るかで悩んでいる。 …

少しの余裕があるかないか。no.209

6-31,6:52,1mis 1問ミスが出た。 式には答えを書いていたが、□に答えを写すのを忘れていた。 忘れていた、といったらそこまでの話なのだが、 忘れていた自分がなぜ引き起こされたのか、を考えてみる。 やはり時間との関わり方だろう。 ここまで時間との関わ…

検算の世界を見てみる、は興味がなくなったのでやめる。no.208

6-31,7:05,0mis 検算の世界はあまり興味がなくなったので、やめておく。 その「興味」って曖昧だなぁと思ったので、 これについて書いてみる。 興味ってのは「知りたい」っていう気持ちだと思うけど、 この興味ってのは厄介で、 興味は限りなく広がっていく…

検算の世界を見てみる。no.207

検算の世界を見てみる。 6-31,11:24,1mis 検算をしていると 通常で解くパターン と 検算で解くパターン が 生まれることに気付く。 昨日はどちらが「はやい」かという基準で見ていたが、 はやい・おそいの話ではなく 2つの解き方がある、だけだ。 これはど…

検算で見えてくる世界があるのだろうか?no.206

6-30,9:16,1mis 1問ミスが出た。検算を入れているのにもかかわらず 1問ミスが出た。 検算が入っている問題で、初めてこのようなケースが生まれた。 しかも、検算ではあってることになっている。 何のための検算なんだろうか。笑 ただ、今までは 検算でミス…

焦った時は深呼吸。no.205

6-30,12:09,0mis 3日くらいぶりにらくだに取り組む。 正月ぶりのサボり具合。 今日から再度開始しよう。 今回のプリントは最後の1問で2分くらい使った。 面白いことに焦る焦る。。。笑 目安時間は14分にも関わらず焦る焦る。笑 なんでだろうなぁ。 焦っ…

醜い自分に出会う。no.204

6-30,14:02,1mis 答えを出して、検算した時に 答えが合わない、ということが2回あった。 そんな時に 自分の真価が問われる。 自分が思ってた答えと 現実が合わない しかも 他者でなく 自分がそれに気づいたとき 間違え を間違えのままにしておくか 間違え …

難しいプリントの方が簡単で、簡単なプリントの方が難しいのだ。no.203

6-29,9:29,1mis 簡単なことの方が難しいのかもしれない。 最近、納得感という感情にフォーカスして プリントを解いていたが、 難しいプリントである方が納得感は出やすいな、と感じた。 なぜなら、 1問1問に真剣に取り組むからだ。 簡単な問題になると 真…

「捉われ」から「解放」へ。no.202

6-28,6:23,0mis 納得感ということに向き合ってみると 納得感という言葉が自分の中から消えていく。 自分の課題?のようなものを 解決する、とか 逃げる、とか ではなく そのものを観察してみると そのものがどういうものかが 分かるとと 自分の中での「捉わ…

納得感に向き合ってみると、その言葉が自分の中から消えていく。no.201

6-28,6:23,0mis 納得感ということに向き合ってみると 納得感という言葉が自分の中から消えていく。 自分の課題?のようなものを 解決する、とか 逃げる、とか ではなく そのものを観察してみると そのものがどういうものかが 分かるとと 自分の中での「捉わ…

はやくもあり、おそくもあり、はやくもおそくもなく。no.200

6-28,6:03,1mis 昨日の続きで rakuda-nagoya.hatenadiary.jp 解き方を変えてみた。早い方の解き方をやってみると 確かに早いけどなんか、こう、モヤっと。笑 何のためにやってるのか、って感じ。 まるで、100点とりたくて勉強してたのに 100点とるためにカン…

検算には何かあるぞ。no.199

6-28,8:18,0mis 納得感に心を寄せて、が完成して以来、 (以来と言っても2日しか経ってないが) すごく自分の中ですんなり プリントに取り組める。 納得感に心が寄っているからだ。 とくに6-28のプリントは 四則の問題になるので、 1つ前の問題と異なり 1…

納得感に心を寄せて、13日目「納得感シリーズまとめ」no.198

6-27,8:45,0mis 納得感に心を寄せて、13日目。 シリーズ最終話になりそうです。 うんうん、徐々に「納得感」というものが掴めてきた。 昨日書いたブログが確信であるが、もう少し詳しく書いてみる。 前提に「納得感」という感覚は完全なる主観である。 一人…

納得感に心を寄せて、12日目「たぶん納得感シリーズ最終章」no.197

6-27,9:57,0mis 納得感というものが少しづつ見えてきた。 今回のプリントも 1問1問意識を持って丁寧に解いた。 その上でめやす時間内にも抑えられた。 1問1問丁寧に→自分の中での基準 めやす時間→他人の基準 これらの2つをクリアできたときに 納得感が…

納得感に心を寄せて、11日目「丁寧に丁寧に。」no.196

6-26,2:33,0mis 1問1問に向き合う。丁寧に。 1問1問にゼロの状態で取り組む。 そんな取り組みは今日も簡単にはできない。笑 でも、意識的にそれを置くと今までとは変わった景色が見える。 雰囲気で予測で流れで解いてしまう。 あっ。 それに気づき 1つ…

納得感に心を寄せて、10日目「1つの結論が出た。」no.195

6-26,2:46,0mis 昨日の続きだが、 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp 1問1問ゼロになることを意識してみた。 いやー、これは難しい。 今までやってこなかった分 そんな意識したからってすぐにできるもんじゃない。笑 でも、これは楽しい。 新しい感覚だ。 これ…

納得感に心を寄せて、9日目「1問解いたらゼロになる。」no.194

6-26,2:57,1mis こんプリントは何度も何度も「逆戻り」がある。 逆戻りついてはこちら rakuda-nagoya.hatenadiary.jp こう何度も何度も「逆戻り」でくわすと どうしてなんだろう?という問いが生まれる。 そこにどうして?問うてみると やっぱり 1問1問が…

納得感に心を寄せて、8日目「やってみないと分からないシリーズ」が生まれた。no.193

6-25,8:40,0mis 6-25が6枚目になった。 6-25が今日が最後になる。 さて、どうなるんだろう?という思いで取り組んだ。 終わってみると ある1つのことに気づいた。 それは納得感の中にある「リズム感」という要素なんだけど 当たり前すぎて気付かなかったけ…

納得感に心を寄せて、7日目「壁があるのか?」no.192

6-25,9:33,1mis 突破できない壁みたいなものを感じた。 やっぱり後半のスピード感が落ちる。 伸びが落ちる感覚がある。 それは納得感とは全くの別の観点として。 このプリントは5枚目になるのだが、 4枚目にしてすでになんとなくの納得感は出ている。 ただ…

納得感に心を寄せて、6日目。

6-25,10:26,0mis 6-25は納得感がなかったので、4枚目に取り組んだ。 納得感があったようなないような。 そんなプリントだった。 今週は25を3枚、26を3枚やっているので、 納得感の感覚を試してみとうよ思う。 今のところ、今日の4枚目で納得感はなんとな…

納得感に心を寄せて、5日目。no.191

6-26,3mis,3:03 ここに来て、3問ミス。 納得感に心を寄せてみると面白い。 リズム感を大事にすることは 早く・テンポよく という感覚だ。 でも、今日はそれを求める余り 「はやく」が先行して 3問ミス。 なんといえば、いいんだろう、模範的な間違え方にて…

納得感に心を寄せて、4日目。no.190

6-27,4:21,1mis 納得感に心を寄せてみると、、、 あれですな、、、 めやす時間も ミスの数もそう まじで関係なくなってくるような気がする。 もちろん一つの基準ではあるんだけど 今日もめやす時間14分で実際は4分21 ミス1 それでも なんかこう心の中…

納得感に心を寄せて、3日目。no.189

6-26,3:06,1mis 納得感に心を寄せて。 今までの自分は計算力のものさしを他人軸においていた。 らくだだけでなく 今までの人生もそうだ。 勉強ができた、学力が上がった。 そこには誰かとの比較が常にあった。 学力ってのは誰かと競って比べて分かるもんだ、…

納得感に心を寄せて、2日目「納得感」の構成要素を1つ発見した。no.188

6-25,11:29,0mis 昨日から納得感を道標にしていこうと決意して進めています。 rakuda-nagoya.hatenadiary.jp さっそく納得いきません。 3枚目にも関わらずタイムが一番遅いです。 タイムが一番遅いということに対して 納得がいかない、というよりも 全体と…

納得感に心を寄せて、1日目「納得感を道標に。」no.187

6-25,9:58,2mis 一昨日、プリントの選択基準について書いてみて 井上さんと面談した。 プリントの選択基準というより どうしたら合格なのか、という話になった。 らくだの教材にはめやす時間というものが設定させてあって 一応の合格基準がめやす時間内で3…

「6-23は一応1枚目から合格しているプリントだが、週一面談時の読みで今日はこのプリントしか持っていないので3枚目となる。」no.186

6-23,7:12,0mis 「6-23は一応1枚目から合格しているプリントだが、週一面談時の読みで今日はこのプリントしか持っていないので3枚目となる。」 という事実から気づきを紐解いてみる。 まず、週一面談時の「読み」について ここの「読み」は井上さんからア…

やってみるから新しい発見がある。no.185

6-23,8:40,2mis 昨日より1分遅くなって 2問ミスをしたが、今日は少し楽しい。 6-23は6-24を3枚やってしまったこともあり、難易度的にも少し余裕がある。 だからか分からないが、余裕がある。 んー、この余裕についてはまた今度深ぼってみようと思うが、 …

丁寧さとはやさのバランス感覚。no.184

6-23,7:42,3mis 間違えて先に6-24を3枚やってしまったことに前回気づき、 今回は6-23を余裕を持ってトライした。 時間内に終わることには余裕が出来たものの 3問ミスが出た。 係数、帯分数から仮分数に変えるとこなど、ミスのパターンも同じようになってき…

丁寧さからの気づき。no.183

6-24,8:45,2mis 昨日はミスと向き合った。 それで改善点も意識した。 そして意識して気付いたことは 「はやく」やる、よりも「丁寧」にやることの方が重要事項なのかもしれない。 いや、「丁寧」にはやくやることが重要なのかもしれない。 いや、「丁寧」に…

ミスと向き合う。no.182

6-23,8:23,4mis ミスを振り返ってみる。 四則混合で、かけ算・わり算をしてたし算、引き算を忘れる。 書き間違えをする。 全部、そんなミスだ。 次からは 左から解いていく。 残っているたし算、ひき算も書き留める。 ミスを1つ1つ追っていく。見つめてみ…

ミスから見えてきた「誤魔化し」no.181

6-23,9:24,4mis ミスが4問出た。 帯分数を仮分数にするミスが4問。 そこは自分の感覚としては 時間を優先して頭の中で確証ではなく、仮設・予想くらいで 計算して進めているイメージがある。 記憶を使って「たぶん、この帯分数はこれかな」みたいな。 全部…

最近はよく、ガンジーさんの言葉が頭の中によく出てくる。no.180

6-18,7:08,0mis 6-18を8枚目にしてようやく合格しました。 意外と達成感はなく、 まぁそうなるよな、と言った感じ。 これは意外なリアクションで ある意味正当なリアクション。 なぜかっていうと 理想のめやす時間と合格範囲と現実とGAPをちゃんと把握して…

脳内計算という尺度が自分の中に生まれた。no.179

6-18,8:00,5mis はやさは早くなった。 早くなったけど、ミスが増えた。 これもまた面白い。 目安時間までに終わらせるために はやさを早くするために意識したことは 途中式の省略だ。 途中式をなるべく頭の中で処理できる、とはやさが早くなると思っている。…