読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月8日金曜日 井上さんとの面談 no.57

井上さんとの面談で学んだこと、気づいたことをシェアします。

 

いまを生きる、をつい忘れていまう。

つい

つい

つい

 

なにかにとらわれてしまう。

 

なにかとは

 

理想、できない自分、劣等感、漠然とした不安、他者との比較、

本当に様々だ。

 

 

人間とは

きっと

これらに囚われてしまう生き物なのだろう。

 

 

大脳くんが発達し、もはや制御不能。コントロール不能とまできた。

だからこそ、意識的に大脳くんの暴走への気づきを習慣づける。

 

大脳よ、落ち着けと言わんばかりに。

 

 

それが毎日の計算と記録と振り返り。

この3つを行うことで

「いま」と「囚われているわたし」との距離感が計られる。

 

これはやってみないと分からない感覚かもしれないね。