読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくだメソッド「思考の特性を振り返る」no.63

ただただやるってことはありえない。

なぜなら思考が暴走するから。

 

それが悪だという話ではなく

その思考をいま、こうやって振り返ってみて

思考の特性を掴むことは大事かもしれない。

 

今回、思考したことは

答えで合っているんだが、

厳密には間違っている問題を三角として

自分の中でカウントして

3問ミスってその三角で合否を

決定する際になったらどうしよう。

 

そんなことを考えていて

そしてその合否どうこうはもちろんだが、

3問ミスにならないでくれ。お願いだ。という自分がいた。

 

つまり

課題から逃げてやり過ごしたい自分がいる、ということ。

それは紛れもない事実。

 

なるべく面倒なことにはならないでおくれ、

といった

思考が働いている。

 

以前、瞑想の勉強会に行った時に

脳の性質として

恒常性維持機能がある、と話していたが、きっとこのことだろう。

なるべく変化を求めないような

そんな脳の思考傾向がある、

そんな自分を確認できたことは良かった。

 

変化を起こす。挑戦する。それが自分は長所だと思っていたが

どうやら自分の脳はそれは求めていないらしい。

当たり前でだけど

認識できて良かった。

著書:グズな大脳思考デキる内臓思考

を読んでいるからこそ

 

脳の特性には関心が強い。なう。

おしまい。