読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくだメソッド「時間が気になると速度が落ちる?」no.66

5-6,3:57,1mis

 

昨日の発見により今日は昨日より速度を重視して

プリントに挑もうと思った。

だからこそ、気づきがあった。

 

終盤戦、かなりいいリズムで進めれていたからこそ

時間が気になった。ただ、僕は感じていたストップウォッチを見てる

その時間が無駄である、と。

だからストップウォッチを見ないで計算進めていた、、、が。

時間が気になる、という雑念が僕の頭を埋め尽くした。

あたかもストップウォッチを見ないと先に進めないんじゃないか、と言わんばかりに

頭の中は「いま何分?」でいっぱいであった。

そんな状態で終盤戦を迎えていると

もちろん、速度が落ちる。いや速度が落ちるというか

何か重荷を持った状態で計算を解くような、そんな感覚さえあった。

それがストレスのようなものだ。気負い・プレッシャー・ストレス、そんな言葉だろう。

やはり、淡々と計算する、ことがいかに難しいか。

淡々と計算する、ことがいかにノーストレスに過ごせるコツなんじゃないかな、と感じたよ。昨日も書いたけど人生も同じかもしれない。

 

欲とストレスは比例する。

その丁度よいバランスを保つことが重要かもしれない。

 

 

この文章を書きながら気づいたこと

最初の段階で「昨日より速く解けるようになろう」この時点で大脳志向が僕を支配していて、この時点で苦しみを生む原因になっている。昨日も今日も関係ない。ただ、淡々と今を生きる。それだけだ。

おしまい。