読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井上さんとの面談「オンとオフ」no.84

昨日の続きで

 

rakuda-nagoya.hatenadiary.jp

 

 

 

僕の意識の中では

なるべく日常的なセルフラーニング。つまり毎日やることを前提と決めていました。

 

だから平日だろうと休日だろうと

基本的にはらくだをやっていました。

 

 

それが今回の帰省で気づいたのは

島根に帰ったときには

やりたくない、と決めた自分がいた。

 

つまり、

オンとオフが名古屋ではないと思っていたけど

島根に帰るとオフになる自分がいることに気づいたんです。

 

名古屋の日常ではなるべくオンとオフがないように

毎日なるべく同じリズムと意識で過ごすように

つまり、仕事だからといって頑張りすぎないように

意識していました。

 

 

、、、が

なんと

島根に帰ると

スーパーオフでした。笑

 

らくだにも一切手をつけたくもないし、

考えたくもない。

 

そんな状態でした。

つまり、僕はオンとオフはあったのです。

名古屋での日常は慢性的に頑張っていたようです。

 

 

ま、それが悪いことだとは思いませんが、

意外な事実が発覚したと思いました。

 

自分のことって分かってるようだけど

分かっていない。

そんな感じです。

 

自分の無意識をいかに意識してみるか、

自分を知る、深める上で重要なテーマの1つです。

おしまい。