読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくだメソッド「昨日は合格。今日は不合格。」no.100

5-24,8:46,4mis

 

昨日は不合格。今日は合格。

これまたおもしろい。

 

まず、前提を共有すると、

今日の5-24のプリントは3枚目に入りました。

1枚目は3ミス合格

2枚目は3ミス合格

3枚目は4ミス不合格。

 

時間は30秒づつ早くなっています。

 

 

そんな状態。

 

そして、

30秒ずつ早くなっているけど

早くなくてもいいと思ってやっている。

それは昨日やここ最近のブログを見てもらうと分かりやすいだろう。

 

 

rakuda-nagoya.hatenadiary.jp

 

rakuda-nagoya.hatenadiary.jp

 

 

そんなはやさについて問い持って

取り組んで

はやさより

できたという納得感を大事にしてるけど

 

はやさは早くなるし

ミスは減らない。笑

 

こんなジレンマもまた面白い。

 

 

さて、今日振り返るべきは点は

1つ確定したこと。

 

それは

1枚目合格

2枚目合格

3枚目不合格

 

ここの状態で君はどう感じるだろうか?

これは僕にしか分からないけど、

成長してるんだ。

 

同じプリントにもかかわらず

できない、という事実はボディブローのように効くけど(笑)

できない、ことの種類が変わっていることに自分だけが気づく。

今日の原因ははっきり言って、

はやさ云々「考えすぎ」によって目の前のことに集中しきれなかった、という

ことがまじまじと僕は感じている。

 

つまり、「はやさというしがらみ」を手放すと楽になることに気づき

その楽さを求めてどうやったらもっと楽になるか、と考えると

そこには思考が働き、また「楽になるか、というしがらみ」によって

不自由になっていたわけだ。

さらに他ごとを考えたりと自分の思考はぐちゃぐちゃ状態。

 

そんな状態でやって合格するはずがない。

でも、そんな状態になると今までできていたものができなくなる、

ことは大きな発見である。

 

これは失敗してみないと分からない。

できていたことができなくなることは多々ある。

以前だと

できていたことができなくなることを直視するのを避けるために

できなくなっていることに取り組まないことに力を入れていた。

 

でも、らくはそれを容赦なく自分に突きつける。笑

となる、実際は「できない」ことに気づき、実はらくになるのかもしれない。

 

ちょっと今日は色んなところに思考が飛んでしまっているが、

気分はいい。

おしまい。