読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ることについて no.132

5-39,7:11,1mis

 

昨日はやらずに今日はやった。

今日は午前中がオフの日だ。

毎週なら

午前中にらくだを終えて

ちょっと長めの振り返りを書く日だ。

 

でも、できなかった。

その理由は

寝坊したからだ。

 

毎朝8時に起きる、という(オフの日であっても。)

約束を自分に課していたが、

今朝はダメだった。

 

まぁしょうがないから次に切り替えていく。

 

ただ、そもそも論になっていくが

睡眠について考えてみる。

 

8時に起きれない、ということは

体はまだ寝たいのだ。

でも、

寝すぎると体はだるいのだ。

でも、

寝たいのだ。

 

さて、

心の声や体の声を耳に傾けるなら

これはめちゃくちゃ深いことになる。

 

8時に起きれない、ということは

夜が遅いのだ。

 

夜が寝れないのだ。

深夜、頭が冴えるのだ。

もちろん、きっと、僕は夜行性だと思うが、

起きる努力というよりは

自然に起きることをゴールにするなら

 

寝る努力の方が優先だ。

改善するなら

どう寝るか、ということ。

 

まず、寝る前にスマホを触らない。

目や脳に外的な必要以上の興奮をもたらさないように

配慮する。

寝る前に食べない。

胃が消化活動している状態だと寝ずらい。きっと。

 

今週は

寝ることを振り返ってみよう。

 

 

 

あ、、、

こんなことを書くつもりじゃなかったが、まぁいいか。笑

おしまい。