読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またもやガンジーさん。no.172

6-19,10:00,3mis,1notime

 

今日も23時かららくだをやることになった。

朝はオフだったにも関らず、できなかった。

それは漫画ワンピースにハマってしまったからだ。笑

 

さて

それはそれでいいんだけど

それはそれで充実してるんだけど

 

優先順位ってものを考えさせられるよね。

単純にらくだをサボってワンピースを読むのに没頭した、

と言ってしまえばそれで終わりなんだけど、、

 

これって意外とできないんだよね。

自分の中に2人の自分がいて

やりとりが行われるわけ。

 

一人はらくだをやってないぞ、っていう自分

一人は今を楽しもうぜ、っていう自分

 

らくだをやるってことは自分で決めたことをやるってこと。

ワンピースを読むってことは今の時間を目一杯楽しむってこと。

 

それは両者が大切だ。

らくだをやることは「今を楽しむ要素」もあるけど

どっちかというと「学ぶ」ということを実践している。

 

ワンピースはただの娯楽で

「楽しい」という状況だ。

 

ここで、湧き上がる感覚は

ガンジーの言葉である。

 

 

Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学べ。
  明日死ぬかのように生きろ。)

 

マハトマ・ガンジー

 

 

 

またこの言葉がここで出てくる。

この言葉の矛盾が

今日の朝の場面を少しかぶる。

(明日死ぬならワンピースを読むか、という問いは置いておこう。)

 

となると、

これら2つの「コト」はどちらも重要なコトである。

この折り合いをどうつけていくのか、が大事。

 

結局、今日のように

夜23時かららくだをやる、自分もいる。

 

その時はワンピースよりらくだを優先させたのだ。

で、この状態で読むワンピースもまた格別に面白い。

 

この時間はこれをやる、と決めている方が楽かもしれないが、

その時にその時の感情を大事にする、という事が大事なのかもしれない。

 

その時のその時の感情に合ったそのコトをするのが

一番ココロ豊かに過ごせるのかな、、、どうかな、、、?

 

ちょっとそれはやってみないと分からないので、

試し試しで内省しながら進めてみる。

おしまい。