読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内計算という尺度が自分の中に生まれた。no.179

6-18,8:00,5mis

 

はやさは早くなった。

早くなったけど、ミスが増えた。

これもまた面白い。

 

目安時間までに終わらせるために

はやさを早くするために意識したことは

途中式の省略だ。

 

途中式をなるべく頭の中で処理できる、とはやさが早くなると思っている。

(本当にそうなのか?とそれはそれで問いが生まれるのだが、今は置いておこう。)

途中式の省略をすると

今回のケースのように早くはなるが、

ミスが増える。

すごいわかりやすいケースだ。

途中式の省略具合でも

過度が過ぎると今日のようにミスが5問にもなる。

 

自分の中でバランスが必要なようだ。

途中式を書くバランス。

どの程度まで途中式を書いて、一度、記憶から出し、

どの程度まで頭の中で同じように式を書きながら計算できるか。

 

バランスを見ながら、どこまで頭の中でできるかを試してみる。

これも1つの成長の尺度だ。

はやさと同じように

脳内計算、という尺度が自分の中に生まれた。

 

おしまい。