読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得感に心を寄せて、9日目「1問解いたらゼロになる。」no.194

6-26,2:57,1mis

 

こんプリントは何度も何度も「逆戻り」がある。

逆戻りついてはこちら

 

rakuda-nagoya.hatenadiary.jp

 

こう何度も何度も「逆戻り」でくわすと

どうしてなんだろう?という問いが生まれる。

 

そこにどうして?問うてみると

やっぱり

1問1問が分かってないけど進んでいる、ということに気づく。

分かってないけど、たぶん、

「今までのパターン的に」

「前後の問題がこういうパターンだから」

そんな根拠のない思考から「解い」ているからだろう。

 

これは目の前の問題と向き合っていない証拠だ。

1問1問に向き合うということは

1問1問に関連性というものを意識せずに

 

1問解いたらゼロに戻って

1問解いたらゼロに戻って

 

そういうことを繰り返すことが

1問1問に丁寧に解く、ということだろう。

 

そうすることで納得感が生まれてくるんじゃないだろうか。

時間をはやくすることよりも

いかに1問1問を丁寧にゼロになって向き合って解く

かが納得感の重要な要素になりそうな気がしてきた。

 

おしまい。

 

rakuda-nagoya.hatenadiary.jp