読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくだメソッド 計算プリント徒然日記「ジタバタしない心構え」

4-13,12:00,8出来ない

 

久しぶりに時間以内に終わらないプリントに出会った。

昨日があれだけ好調だったので

ちょっと衝撃が走った。

昨日のらくだが調子がよく時間も早くミスも少なく進んだ

このタイミングで

この久々に見る「全くできない自分」に出会う。

 

らくだがうまくできているのか、

そういうタイミングなのか。。。笑

 

 

ただ、確かに動揺はしたが

淡々とこなすこともできた。

 

以前の自分だと焦ってしまい、むしろミスが重なるケースが多かったが、

ここで焦って変わらない、そんな「できない」自分を受け入れることができた。

 

その「できない自分」を受け入れて認めて、そこでいつも通り淡々とこなす、

ことが早くなったように感じる。

 

 

これは人生も同じことが言えるのだろうか。

日々の生活において

「できない」にぶつかることは多々ある。

ただ、そこで焦って四苦八苦してもがいてジタバタしている。

でも、ジタバタしていようが

淡々とやろうが大して差はでないであろう。

 

できない自分に焦って

理想の自分と照らし合わせ焦り

時間に追われている感覚に囚われると

本当に大切な「今」を忘れてしまう。

 

幸せは過去に未来にもない。

「今」しか「幸せである」という状態にはなれない。

 

理想の自分を追いかけることは重要なことだが、

もっと重要なことは

「今」の幸せをかみしめることだ。

 

 

「今」の幸せを感じずに

未来の理想の自分に突き進む先に一体なにがあるのか。

 

 

そこまでして

「今」を置き去りにしていいものではない、と僕は考える。

 

 

だって極端な話

明日死ぬかもしれないから。

 

 

あくまでも理想の自分は未来の自分である。

未来の自分という方向性を持つことはとても大事なこと。

 

ただ、それはあくまでも

「今」の自分の現状把握するためだけのものである。

 

 

未来の自分に劣等感を感じる必要はない。

「今」の自分が過去最高の自分であることはまぎれもないことだ。

 

それを忘れると

本末転倒な人生を送ってしまうような気がするな。

 

おわり