読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくだメソッド「5-25をやりたい、という気持ちに考察してみる。」no.108

5-29,3:23,1mis

 

5-25がずっと気になる。

早くやりたい、早く合格したい。

早くというか、プリント不足で取り組めないモヤモヤを抱えている。

これは

5-25が合格できていないし、

納得して進めていないからだ。

 

自分の中で納得して進めていないということは

自分が一番わかっている。

 

自分が一番わかっている。

あ!そうだ、自分のことは自分が一番わかっている。

(それと同じくらい分かっていなところもあるけど。)

 

5-25をやりたい、って自分が思っていて

でも、その声って掻き消されやすい

小さく小さく訴えている

小さく小さくモヤモヤが浮かんでいる。

小さく小さく問いかけている。

 

そんな小さなもう一人の僕に耳を傾ける

時間と余裕を持っていたい。

 

話はそれるが

 

何か決断するとき

何か自分の心で引っかかることがある。

そんなときに

自分の心に問うことができるか、というのは重要なことだ。

いや、もう一人の自分が問いかけていることに気がつくか、は重要だ。

 

心に引っかかるとき

メンター、友達、家族、

もちろん、たくさんの人に相談するだろうけど

多忙だったり、時間に追われたり、ストレス過多で考える余裕がなかったり、

そうすると

自分のこころの引っかかりは自分では気づけないし

すると、自分で答えが出ない。

 

まさにセルフラーニングの概念ではないけど

 

自分で自分に気づき

自分で自分を少し修正できる

 

 

それが1日1日1ミリずつでもいいから、

淡々と淡々と続けていれば、変わっていくのだ。

 

そのためにも

日々の変化やもうこころの問いに気づけるように

日々淡々とセルフラーニングしていきたい。

おしまい。