読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かに捉われると今を生きれないのか?no.117

5-34,6:54,3mis

 

「はやさ」ここでさらにはやさを意識している。

いや、ベストを尽くそうと意識している。

「はやさ」に捉われると灯台下暗し状態になる。

かと言って

気を抜くのではない、感じがある。

ま、何も考えずに

やるがの一番か。

また変な思考が始まったきそうなところだった。

 

何も考えずに

何にもとらわれずにただ

淡々と。

 

今を生きる。

ただ淡々と。

 

「はやさ」に捉われているときは

はやい自分が凄くなれそうで

未来の自分に期待を寄せている。

「はやさ」に捉われているときは

過去の自分と比べてより

より成長していることを望む。

 

「はやさ」に捉われていることが

今を生きていないことに繋がるのか。

 

はやかろうと

おそかろうと

間違えが多かろうと

それに気づくのは

答え合わせの時だけだ。

 

問題を解いている時に

何ににも捉われる必要はない。

振り返った時に

どういう状態だったのか、がわかる。

そうか、だから

やってみないと分からないし

とりあえず、やってみて

とりあえず、振り返ってみないと

何も分からない。

今の瞬間の連続がただ続くのだな。

 

おしまい。